●プロフィール

iBYHeIPK_400x400.jpeg  吉村剛史(トム・ハングル)
  1986年9月27日生(31歳)

  【エピソード】
 韓国に漠然と興味をいただいたのは2002年、高校生の頃。日韓W杯だけでなく朝鮮半島全体が注目された年。その後大学生になり、第2外国語として朝鮮語(韓国語)を勉強しはじめた。大学4年生のときに韓国の地方を旅し、そこでの人情味のある出会いが現在の活動へとつながっている。そのときのエピソードは2012年に韓国『中央日報』に掲載された。

 

 【プロフィール】1986年生まれ。ライター・Web編集者。韓国旅行、地方旅の総合発信者。都立武蔵高校を経て、法政大学社会学部メディア社会学科卒。韓国マニアが高じて、20代のうちに韓国の約100市郡を踏破。ソウル1年8ヶ月滞在。2012年に雑誌ライターデビューを経て、旅行・語学学習など各種韓国系Webメディアの編集に携わる。現在Webコラム『海外ZINE』に連続掲載中。個人ブログ『韓旅専科』で旅の情報を発信するほか、Web・雑誌記事の取材・寄稿、講座、イベント等も行っている。

【Infomation】
2018年4月16日  海外の常識メディア『海外ZINE』で「写ルンです」企画参加しました。
2018年3月14日  趙善玉料理研究院 勉強会で講師を務めました。(健康食)
2018年1月21日 渋谷・AICCにて 15:00~16:30  講座『平昌五輪開催地、江原道の魅力に迫る』を行いました。→詳細 
2018年1月20日  散歩の達人』2月号  第2特集「東京コリアンタウン」。
約10ページ分の取材・文を担当しました。平昌・江陵の「食」コラムも執筆。

2017年
3月23日  都内の韓国語講座にて、地方旅行の講師を担当しました。
3月27日  韓国・江原道公式ブログ寄稿を開始しました。
4月23日  新大久保カナダラクッキングにて、トークイベントを実施しました。
8月23日  神保町・チェッコリにてトークイベントを実施しました。
11月20日 海外の常識をレポートする『海外ZINE』(初回:韓国の日常の朝食)寄稿を開始しました。

Twitter 

Facebookページ

Instagram Instagram